2種類の自動売買 (システムトレード)

リピート系自動売買
FXのトレードスタイルを大別すると、手動トレードによる裁量トレード自動売買によるシステムトレードがあります。

自動売買とは、その名の通り、売買をパソコンに任せる運用スタイルです。

自動売買には、「プログラム型」と「リピート型」があります。

「連続注文FXを斬る!」では、リピート系自動売買FX会社が提供しているリピート型自動売買について紹介していきます。

リピート系FX会社の連続注文とは?

FXの連続注文とは、基本的には複数のIFD(イフダン)注文が、連続で何度も繰り返し行われる仕組みのことです。

IFD(イフダン)注文とは、新規注文が約定すると自動的に決済注文が発注される仕組みで、新規注文と決済注文を同時に出すことができます。

例;1ドル=119円で買うという新規注文を出すと同時に、1ドル=121円になったら売るという決済注文が出せます。

イフダン

連続注文の原理は、このIFD(イフダン)注文の通常は、新規注文と決済注文がそれぞれ一度約定してしまえばそれで終わりとなってしまいますが、これを何度も何度も繰り返すようにしたことです。

FX初心者はループイフダンから始めよう

リピート系自動売買は、アイネット証券の「ループイフダン」、FXブロードネットの「トラッキングトレード」、外為オンラインの「iサイクル注文」、マネースクウェア・ジャパンの「トラリピ」、インヴァスト証券の「トライオートFX」とあり、上図の通り「ループイフダン」が、FX初心者向けとなっています。

その為か?アイネット証券の「「ループイフダン」は、「ひまわり証券」採用品、GogoJungle(ゴゴジャン)の「ひまわり証券×川崎ドルえもんタイアップキャンペーン」、「ひまわり証券×カニトレーダータイアップキャンペーン」と、複数の商品があります。

FX初心者には、ループイフダンは、選ぶだけですぐに始められるシンプルさが受けています。

アイネット証券[アイネットFX]

アイネット証券[アイネットFX]

  • トラッキングトレードやiサイクル注文となると、自分である程度設定しないといけません。
  • トラリピなら、値幅まで全て決めないと開始できません。

FXの知識がある程度ないと厳しいですし、パソコンが苦手な方にもハードルが高いです。

しかし、FXに慣れると、自分ならではの設定がしたくなって、カスタマイズ性はほとんどないループイフダンより他のリピート系を選びたくなります。

  • 注文の設置間隔を自由に決めたい:「トラッキングトレード」「iサイクル注文」
  • 注文の設置間隔+値幅まで全て決めたい :「トラリピ」

もっと複雑な注文の仕組みを構築するため、「トライオートFX」を選ぶケースもあります。

そして、究極的なカスタマイズなら、MT4のEAです。

資産運用方法は、裁量トレードとは全く違う

ループイフダンなら、ボタンを押せばすぐに運用開始できるので、誰でも儲かるというイメージで始める人もいますが、そこまで甘くありません。

ミラートレーダーのような、選んだらあとは放置するタイプの自動売買とも違います。

リピート系FXのように連続注文するFXは、資金管理が一番大切です。

「ここまで下がったら、○○円マイナスになる」のような事です。

の資金管理が出来ていないと、安定した運用はできませんし、レンジを読んでも生かせません。

別な言い方をすると、「今この時点から、一直線に相場が逆行したら、どれくらいのマイナスになるかを、事前に把握している。」ことです。

そういう意味では、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析が導く相場観のようなものは、かえって邪魔になるかもしれません。

短期的には、今から上がるか、下かるかといった相場の予測は難しいからこそ、相場の上下を考えないで資金管理を重点的に行う、リピート系の存在理由があるともいえます。

あとは、含み損がある状態が当たり前という認識も必須です。

例えば50万円で始めたら、10万円くらいの含み損があるのは普通です。

このあたりは、裁量トレードとは全く違う考え方です。

数円下がったくらいで、大騒ぎしてはいけません。

FX連続注文のメリットとデメリット

メリット

注文内容に沿って24時間自動でトレードしてくれることから、相場を見続ける必要がなく時間的制約を受けにくくなることや、利食い・損切りにおける心理的な負担もほぼなくすことができます。

デメリット

リピート型は、相場を出来るだけ大きなレンジと解釈し、その範囲内を価格が行き来する限り、利益が蓄積されていく運用スタイルです。

そのため、可能な限り損切りされない設定で開始することが大切です。

沢山の注文を什掛けることから、含み損を抱えやすく短期的には結果が出にくいといった面もあります。

ですから、連続注文のFXトレードは、じっくりゆっくり運用するということを心がけて利用しましょう。

プログラム型

プログラム型は、その名の通り世界中に何万種類もある自動売買のプログラムを、投資家自身が選択して運用するスタイルとなります。

ポイントとなるのは、適切なプログラムの入れ替えです。

どのプログラムにも、相場の得手、不得手があるため、適切なマネージメントが必要です。

最近ではインヴァスト証券のシストレ24が、プログラムの入れ替えを自動化したフルオートという機能をリリース。

この分野を一歩リードしています。

インヴァスト証券

プログラム型なら インヴァスト証券 シストレ24

文章引用先:FX攻略.com 20181221発売号 (2019年2月号)P82~ P83を大幅に書直し。